CFRTの複合材料は、PA、PP、PU、PC、またはPPSであり、連続繊維はガラス繊維、炭素繊維、またはアラミド繊維です。 CFRT複合材料は、その軽量性とともに、高い強度と剛性により、さまざまな分野で従来の金属材料の理想的な代替品となっています。

 

特徴

簡単な成形プロセス

はるかに快適な体験のためのノイズ吸収

軽量構造のあらゆる種類の自動車部品に広く使用されています。

 

ケース

自動車の底板(シャーシ)のCFRT:

長寿命のボトムプレートで実現されたCFRTテクノロジーにより、エンジンフード、タンクカバー、センタートンネルフードなどの不滅の自動車部品の製造も可能になります。

 

CFRT素材を使用した最初の混合射出成形リアバンパー:

連続長ガラス繊維とランダム長ガラス繊維を組み合わせた複合パネルは、特定の多層構造を形成し、射出成形中に樹脂が流動的に流れ、複雑なサイズを形成することを可能にします。高い機械的およびエネルギー吸収特性を備えた複合材料は、リアバンパーなどの主要部品に適合しています。

ホンダは、PA6熱可塑性複合材とワンタイム射出成形技術により、世界初の混合射出成形リアバンパーの開発に成功しました。

 

TOPOLO CFRT製品

軽量:

木材や金属などの従来の材料と比較して、CFRT複合材料ははるかに軽量です。 TOPOLO CFRT製品を搭載した車は、悪路をより安全に、さらに強力に走ることができます。

耐食性:

複合材料は、ほぼすべての種類の腐食から車両を保護できます。 TOPOLOでは、CFRT材料は、時間の経過とともに車に食い込む可能性のある過酷な化学物質に対して非常に耐性があります。

高強度:

複合材料は対応するものよりも軽い傾向がありますが、CFRT材料がどの面でも弱いという意味ではありません。 TOPOLOの連続繊維強化複合材料(UDテープ、CFRTシート、パネルなど)から作られた製品は、特定の領域と方向に強いように設計されています。

Cases of CFRT in Automobiles

CFRT Innovation

English EN French FR Japanese JA