発泡ポリプロピレン(EPP)は密度が低く、弾力性があります。圧縮率が低く、変形回復率が高い。 EPPは、油、酸およびアルカリ化学物質、および溶剤に耐性があります。水を吸収しにくいです。無毒で無味であることに加えて、パフォーマンスの低下を最小限に抑えながら、非常に高い効率でリサイクルできます。

これらの特性により、EPPは包装業界、特に電子機器や医療機器などの取り扱い中の衝撃に敏感な製品に適用できます。これらの同じ特性と毒性がまったくないことから、食品の出荷にも非常に適しています。 EPPは自動車部品の製造にも採用されており、バンパーやルーフ構造などのコア材として使用されています。

発泡スチロール(EPS)は、硬くて丈夫な独立気泡フォームです。その利点は、さまざまな密度の製品を製造でき、必要に応じてさまざまな厚さのシートにできることにあります。この設計の柔軟性は、ポリスチレンビーズを金型内に配置し、蒸気と発泡剤を使用して膨張させる製造プロセスに由来します。通常、約4000%膨張し、金型の空洞を埋めて必要な形状を生成します。

EPPと同様に、EPSはパッケージングに多くの用途がありますが、冷蔵や日用品の製造にも使用されています。また、主に構造用絶縁体として使用される、建設において重要な役割を果たします。その優れた熱特性により、建物の壁や床に使用した場合の建物のエネルギー効率を向上させることができます。

イノベーション

English EN French FR Japanese JA