ドライバンとも呼ばれるドライカーゴボックスは、サプライチェーンインフラストラクチャの重要な部分になっています。インターモーダルコンテナ輸送の後、カーゴボックスはラストマイル配送のタスクを引き受けます。従来の貨物は通常金属材料で作られていますが、最近では、新しい材料である複合パネルがドライカーゴボックスの生産に影響を与えています。

カーゴボックスに最適:TOPOLO複合サンドイッチドライバンパネル!

主な利点は次のとおり:

軽量

連続繊維強化熱可塑性パネルは、金属パネルよりもはるかに軽量です。ドライバンボディーに対して、最大の利点です。

リサイクル可能

熱可塑性材料は100%リサイクル可能です。金属材料よりも環境に貢献します。

高強度

軽量であるため、複合カーゴボックスパネルは耐衝撃性に劣らず、金属製のコンテナよりも強力です。これは、素材の連続繊維がカーゴパネルの強度を大幅に強化するためです。

ラストマイル配送に加えて、ドライカーゴボックスパネルは、次のようなさまざまなアプリケーション向けにカスタマイズすることもできます

小型パッケージコンテナ(TOPOLO 8mm〜10mmハニカムパネルまたは3mm複合シートを使用)

壊れやすい製品コンテナ(骨董品や高級車の保管用)

トレーラー軽量ボディーとコールドバン断熱壁パネル(特別な熱特性は、コンテナ内の温度を維持するのに役立ちます。)

ウイングトレーラーパネル

汎用コンテナ

電化製品のシェル

English EN French FR Japanese JA