RTPパイプ
市のプロジェクトのためのパイプ

熱可塑性パイプ、またはRTPパイプは、ガラス、アラミドまたはカーボンなどの高強度複合繊維で強化されたパイプを指す総称です。陸上の石油・ガス産業で使用するための非腐食性導管に対する需要の高まりに応えて、中圧鋼管に代わるものとして開発されました。

RTPパイプの構築に使用される材料は通常、PE、PA-11またはPVDFであり、強化材は主にアラミドまたはポリエステル繊維です。

TOPOLOでは、T-UDシリーズGPE連続ガラス繊維強化熱可塑性テープをお客様のパイプの材料に提供しております。これは、引張る力と曲げる力においてはるかに優れた性能を発揮します。

RTPパイプの構造

強化熱可塑性パイプは、3つの基本層から構成されています。内部の熱可塑性ライナー、パイプの周りにらせん状に巻かれた連続繊維強化材、および外部の熱可塑性ジャケットです。ライナーはブラダーとして機能し、繊維強化は強度を提供し、ジャケットは耐荷重性繊維を保護します。

RTP特徴

高圧抵抗:最大耐圧は50 MPaで、ただのプラスチックパイプの40倍です。

高温耐性:最大動作温度は130℃で、他のプラスチックパイプより60℃高くなっています。

長寿命:金属パイプの6倍、伝統的なプラスチックパイプの2倍。

耐食性:非腐食性で環境に優しい。

壁の厚さ:壁の厚さはプラスチックパイプの1/4で、流量が30%増強します。

軽量:プラスチックパイプの単位長の40%。

ノイズレス:低摩擦、低材料密度、流れる水のノイズなし。

強力な接合部:接合部で2層のガラス繊維が重ね合わせ、ホットメルトソケット、漏れることはありません。

低コスト:金属パイプのコストに近く、プラスチックパイプより40%低い。

RTPパイプ仕様

項目 単位
中低温での圧縮強度 MPa 1.0~10
最高使用温度 130
直接埋設/露出パイプの線膨張係数 1/℃ 2.3/15X10-5
補強層の弾性係数 GPA 23
室温での熱伝導率 W/m℃ 0.24
内壁粗さ mm ≤0.01
ビカット軟化温度 ≥130
巡回引張降伏強さ MPa ≥90
アキシャル引張降伏強さ MPa ≥16
リング剛性 KN/m² ≥4
弾性 (≥50%) DN 24時間で≥99%
曲げ半径 DN ≥5回

要件に応じて最適なパイプを作り上げます!

熱可塑性パイプの用途

RTP下水道管-APP
RTP上下水道管

当社のRTPパイプは、次の分野で使用できます:

排水管、送水管、下水管などの都市管

RTP石油ガス管-APP
RTP石油ガス管

石油およびガス配管:収集パイプ、伝送パイプ。

ケミカルパイプ

RTP高温ガス管-APP
RTP高温ガス管

泥管、スラリー管、石炭送水管;

建設管、高温ガス輸送管

CFRT材料リスト

English EN French FR Japanese JA